横浜クニツィア会 2022.05.29

第14回横浜クニツィア会です。なんと参加人数は総勢21人とこれまでの最高記録。自分にとっての初プレイは「アスコット」というシュピールボックスの問題作と、「指輪物語子供ゲーム」「お星さま起きて」という子供ゲーム2種です。



タタリ Tatari
(説明 10分 プレイ時間 45分)
ぴーかんさんのリクエストで、まずは「タタリ」です。5人でしたが、思えばこの5人というのがあまり良くなかったと思います。基本的にはヘックメックと同じダイナミクスなので、2-3人が適正でしょう。この時に「5人なのでまずは違うゲームにしましょう」と言えば良かった。

ルールは前回の高尾ボードゲーム会で遊んだ時のルールが正しいということで開始。そのときは3人だったので15分で終わりましたが、今回は5人で45分。一度人形がなくなっても4人のプレイヤーから攻撃を受ける可能性があるので、ゲームがなかなか終わりません。ぴーかんさんは5回もリーチをかけたのに上がれず。うまく何人かがリーチをかけたタイミングで大塚さんが勝利しました。

結果:大塚 勝利、ぴーかん 0、自分 0、とけい 5、沢田 8



バベルの塔 Der Turmbau zu Babel
(説明 10分 プレイ時間 50分)
続けて、共同主催のうさぎ&みずきさんと、ハイカンさんたちを誘って「バベルの塔」です。よく考えたら、先日の高尾でもタタリ→バベルという流れでしたね。今回は後半でマジョリティーにうまく絡めず、また未完成の建物にもあまり関われずに最下位に終わりました。5人は難しい。そして、夢中になりすぎて写真を撮ったのは終わった後なのであまり良い写真になりませんでした。

結果:たっくん 75、みずき&うさぎ 64、カナ 59、ハイカン 58、自分 56



アスコット Ascot
(説明 10分 プレイ時間 各レース10分程度)
「アスコット」はシュピールボックス1992年5号の付録で、多人数用のリアルタイム交渉の競馬ゲームです。準備が大変なことと、プレイヤー人数が8ー18人ということで、なかなかプレイできずに前回はその次の号の「ホモプフィフィカス」を遊びました。今回、ようやく遊べたというわけです。

6頭の馬はウィナーズサークルのダイスツリー版から流用し、馬券と移動カードは手作りです。馬券は6頭x18、移動カードは6頭x12で、各馬+3枚、++2枚、+++1枚、-3枚、--2まい、---1枚という構成です(+とーは移動力です)。また、ゲームマスターが仕切るように「ピット」からベルを借用しました。

各プレイヤーに1から6の馬券を1枚ずつ配り、また移動カードをすべて配りきってスタート。開始と同時に、みんな自由に馬券や移動カードを交換します。そして移動カードをゲームマスターに渡します。これらの移動カードが5枚集まったらそのレースは終了です。プラスとマイナスの数だけ馬は進んだり後退したりします。すべて動かした後、トップ3に得点が与えられます。1位3点、2位2点、3位1点で同着は両方とも繰り上がります。これらトップ3の馬券を持っていたプレイヤーがその枚数だけ得点するというわけです。

第1レースは自分はマスターに徹することにしたので不参加です。ここではルールを間違えて、馬券をランダムに6枚ずつ配ってしまいました。本来は1−6を1枚ずつです。

第2レース以降は自分もマスターをやりながら参加です。そして馬券も本来のルール通り1−6が1枚ずつです。やはり移動カード5枚で終わってしまうのはかなり不満が湧き上がりました。

第3、4レースでは、移動カード5枚でゲーム終了となった後、さらに全員が1枚ずつ移動カードを足せるというルールにしてみました。少しはゲームらしくなってきっと思います。

ルールを読んだ時から危うさを感じていたのですが、予想通りいろいろな改良案が挙げられました。思ったのですが、18人で遊ぶと移動カードは1人3枚だけなので、もっといろいろな交渉が生まれる余地があるのかもしれません。今度は移動カード3枚というのが良いかもしれませんね。せっかく色々と用具を作ったので、改良案を考えたいものです。

結果
第1レース(自分は不参加):はらはら 11、ぴーかん 8、とけい 8、たっくん 7、がとぅ 7、ミスミン 5
第2レース:とけい 12、たっくん 12、がとぅ 11、ミスミン 9、ぴーかん 7、自分 7、はらはら 6
第3レース:はらはら 10、たっくん 9、がとぅ 9、とけい 7、ミスミン 7、ぴーかん 6、自分 1
第4レース:ミスミン 9、とけい 8、もっちぇ 7、大塚 6、はらはら 6、たっくん 6、自分 6、がとぅ 4、ぴーかん 4



チグリス ユーフラテス Euphrat & Tigris (ハンスイムグリュック版)
(説明 20分 プレイ時間 70分)
最近よくBGAで「チグリスユーフラテス」を遊びますが、一度は本物を遊びたいというリクエストで持ってきました。今回は元祖ハンスイムグリュック版で、衝立が大きくて使いやすいです。途中、一つの王国に3個の宝物がある問い状態で自分がラッキーなことに商人(緑)の指導者を移動させて2つ獲得という珍しいことが起こりましたが、何とこれがもう一度発生し、4つの宝物を手に入れてしまいました。宝物が残り少なくなり、これは宝物が2つだけになってゲーム終了かと思いきや、ここから戦争に次ぐ戦争が続き一向に宝物が減る気配がありません。最後はタイルが尽きて終了です。序盤はモニュメントが少なかったものの後半に乱立したので割と平均的な点数だと思います。

結果:自分 8-9-9-9、ミロ 6-6-8-9、ぴーかん 5-6-9-9、はらはら 4-5-7-8



指輪物語 子供ゲーム Der Herr der Ringe: Das Kinderspiel
(説明 15分 プレイ時間 20分)
18金ゴールド 逆ネジ フラワーラブレット ピアス ボディピアス ボディピ 18金 18K ゴールド 金属アレルギー ネコポス不可 3,980円 税込 以上 送料無料 #060818 AESE5hr #bp20プレイヤーはホビットとなり、途中で友達を作りながら悪を倒していくというゲームです。通常の「指輪物語ボードゲーム」は協力ゲームとして有名ですが、この子供ゲームは翌年に出版されたあまり知られていないゲームです。20年近くの時を経てようやく初プレイ。せっかくなので上級ルールも入れて遊びました。

基本的にはすごろくでマス目をすすんで友や敵のタイルの場所まで来たらスピナーを回して友の助けを得たり敵を倒したりします。最終的にはサウロンを倒したときに最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

上級ルールでは、友の力でダイスの振り直しなどができたり、単純にサウロンを倒せば勝ちではなく得点制になっていたりと、いくつかの違いがあるのですが、最も驚いたのは赤い玉(パランティア)の使い方です。塔の前を通るとしばらくは塔のシンボルが描かれたマスが続きます。これらのマスでは、隣のプレイヤーに手のどちらかに赤い玉を握ってもらい、玉が入っている方を当ててしまうと塔に戻されてしまうのです。なんとも原始的! またルールでは握るときに一つの拳は自分の胸に、もうひとつの拳は相手に突き出すようにポーズをとると書かれており、それに従って童心に戻って楽しく遊びました。

結果:もっちぇ 8、自分 3、ミスミン 2、ミロ 2、ぴーかん 1



ゴールド Gold
(プレイ時間 10分)
少し空き時間ができたので、「ゴールド」です。2枚めくっては鉱山夫が金を得たり、鉱山夫同士が戦ったり、ダイナマイトで全て吹っ飛んだりと、なかなか面白いです。記憶が必要なようでいて、そこまででもないので記憶力があまり良くない大人でも遊べます。今回は自分の味方の炭鉱夫同士が戦うことが続いてさっぱり金が取れず、最下位に終わりました。

結果:ミスミン 15、ぴーかん 11、ミロ 10、もっちぇ 9、自分 8



お星さま起きて Wake Up Stars
(説明 5分 プレイ時間 10分)
3歳以上から遊べる子供ゲーム。教育ゲームを多数出版するアメリカの知られざるシンプリーファン出版のゲームです。手番ではスピナーを回し、該当するだけの星(1−2個)を場からとります。そして、その星に書かれた表情にあった話をみんなに披露しなければなりません。おお、こんなゲームもあったのですね! 星を8個取れば勝ちなのですが、問題は勝ち負けではなくいかに良い話をするかということなのでしょう。ぴーかんさんと佐藤さんが付き合ってくれました。ほろ酔い気分で遊ぶと良いかもしれません。

結果:ぴーかん 8、佐藤 6、自分 5



ココナッツ島 Isle of Coconuts
(説明 5分 プレイ時間 各10-15分)
最後は「ココナッツ島」です。沢田さんに紹介したかったこともあって出してみました。ダイスによるエリアマジョリティーなのですが、1位は2点、2位以下は0点。ただし2位がいない1位は0点です。またそのエリアに参加していないと1点になるという、あまり見ない得点システムです。

結果
1戦目:自分 10、沢田 9、がとぅ 7、一味 6
2戦目:沢田 10、一味 7、がとぅ 6、自分 4



他には「ヘックメックカード」「サムライ」「アメンラー」「ペンギンパーティー」「モダンアート」「アリストクラシー」「モダンアートカードゲーム」「なつのたからもの」「ドラゴンパレード」「マシュマロテスト」「タージマハル」「ギャラクシーねこのばし」「ブルームーンシティ」「美術泥棒」「ハイソサエティ」「ブードゥープリンス」「漫画会」「ゼロ」「トレンディ」「エクスケープ」が遊ばれていました。結果を見ると、ハイカンさん、アオキハコさんがかなり勝ってますね。

次回は7月30日の予定です。


高尾ボードゲーム会 2022.05.22

今回の高尾は、「バンパイアクイーン」「オーレ!」という高尾らしいゲームや、クニツィアの10種競技をテーマにしたゲームを2つ連続で遊ぶなど、いろいろと楽しめました。久し振りにusalapbitさんも参加です。



6ニムト 6 nimmt!
(プレイ時間 計25分)
まずは7人で「6ニムト」です。プロフェッショナルルールで遊びたかったのですが、「6ニムト」初心者もいたので1ディール目は通常ルールで、そして2ディール目はプロフェショナルルールで遊びました。それにしてもギークのスレッドを見るとこのどちらか(基本かプロフェッショナル)に行き着くという意見が散見されるのもわかる気がします。自分は差分を考えるのが面倒なので、左右どちらにもつけられるときは左(小さい側)がつねに優先というようにしています。処理が楽なのでオススメです。自分は総合最下位でした。

結果
1ディール目(基本ルール):ミッチー 0、ちゃべい 9、usalapbit 9、イズナ 10、フォルテ 16、自分 21、たっくん 25
2ディール目(プロフェッショナルルール):フォルテ 0、たっくん 0、イズナ 3、ミッチー 8、自分 25、ちゃべい 29、usalapbit 36
総合:ミッチー 8、イズナ 13、フォルテ 16、たっくん 25、ちゃべい 38、usalapbit 45、自分 46



バンパイア クイーン Vampire Queen
(プレイ時間 40分)
10人でも遊べる、1巡だけのクライミングゲームです。14のカードを押し付けあうゲームですが、タイミングを間違えるとひどい目にあいます。途中までは結構カードを集める方がよく、あるタイミングからカードを無くしていくというダイナミクスは面白いです。前回遊んだのは、おそらく6年前で、やはり高尾ででした。どうも自分はこのゲームが苦手みたいで、お子さんのお祝い事にぴったり。真っ赤なオリジナルギフトボックス付き。 クチポール アリス ギフトセット ピンク×ゴールド (赤箱付) 子供用 正規品 カトラリー ディナー スプーン ナイフ フォーク オシャレ お洒落 かわいい cutipol aliceset ギフトは最下位。そのまえのウシとロバのときも最下位でした。今回は最下位は免れたので、少しは上達したのかもしれません。

結果:モリオカ 27、usalapbit 68、たっくん 68、ミッチー 75、フォルテ 77、武井 108、ホサカ 113、自分 155、ちゃべい 160、イズナ 168



オリンピアード Olympiade
(説明 10分 プレイ時間 45分)
たっくんのリクエストで持参した、シュピールボックスの付録ゲーム「オリンピアード」です。10種競技を戦います。今回は、低めのダイス目も受け入れて、誰よりも早く10種を終わらせて勝ち切る、と心の中では思っていたのですが、実際は誰よりも遅く8種目しか達成できず、また低い目は受け入れてしまったために最下位でした。次回遊ぶ時にはバリアントルールなども試してみたいものです。

結果:たっくん 4300(10種)、武井 3900(9種)、自分 3200(8種)



デカスロン Reiner Knizia's Decathlon
(プレイ時間 70分)
続けて、最近よく遊ぶ「デカスロン」です。「オリンピアード」同様にクニツィアがデザインした10種競技をテーマにしたダイスゲームで、今回はこの2つを比べる意味も込めて続けて遊んでみました。3種目目の砲丸投げで自分は14点、たっくんは無得点のところを武井さんは29点と絶好調。その後、400メートル走、110メートルハードルで、逆転したものの、棒高跳びで失敗して無得点。ここで30点を稼いだ武井さんに再び逆転されてその勢いで武井さんの勝利でした。

結果:武井 231、自分 192、たっくん 191



オーレ! Olé!
(プレイ時間 30分)
高尾での定番といえる「オーレ」です。2次元の強弱があるのが面白いですが、少しデベロップメント不足な気もします。でも連続手番が決まると爽快で、自分なりのカード構成を考えてみたくなります。珍しく自分が勝ちました。

結果:自分 63、フォルテ 66、モリオカ 69、たっくん 76、オオトモ 88



ヘックメック カードゲーム Heckmeck am Karteneck
(プレイ時間 35分)
最近いろいろなところで遊んでいる「ヘックメックカードゲーム」の5人プレイです。フォルテさんの持ち込み。安定の面白さです。今回は、フォルテさんと自分がともに35点でしたが、タイブレーク(最も大きな数字のタイルを獲得)で自分の勝利!

結果:自分 35(勝利)、フォルテ 35、オオトモ 28、ホサカ 24、モリオカ 14



タタリ Tatari
(説明 10分 プレイ時間 15分)
スタジオムンディから新たに出版されたクニツィアの新作2つのうちのひとつ(もうひとつは「ギャラクシーねこのばし」)。ヘックメックのメカニクスを基本としたダイスゲームで、振った中からまだ脇に避けていない目を選んでそれを全て脇に避けるということを繰り返します。目的は手持ちの10個の人形コマをすべてなくすこと。ダイスは1、2、3、4、人形1、人形2の6面で、ダイス目の合計に対応する社(やしろ)がダイスの人形の総数になるように差分を置いたり引き取ったりします。1つでも置ければ、1の目の分だけ他の人に人形を押し付けられます。社は7、8、9、10、11とあり、合計が11以上なら11の社にダイスの人形の総数を置けます。

バーストすると(ダイスが脇に避けられない、あるいはダイス目が7未満)人形が最も多い社を一つ選び、そこに置かれた人形を全て引き取らなければなりません。ここが今回のルールの争点で、11の社には人形がいっぱい入っているので、たいていの場合はこの大量の人形を引き取ることになります。手持ちの人形の上限は10ですが、余った人形は11の社に戻すので、ゲームが終わらないのです。35分遊んだあと、やはりおかしいと思って何度ルールを読み直しました。おそらく11の社だけ特別なので、11の社の人形はゲームから除外するのではという結論に至り、そのルールで遊び直したら、今度はちゃんと面白く遊べて、15分で終了しました。これはルールの不備だと思われます。現在正しいルールを確認中です。

結果:自分 0(勝利)、トミー 0、フォルテ 10



バベルの塔 Der Turmbau zu Babel
(説明 15分 プレイ時間 55分)
懐かしくて新しい。昭和のカワイイを詰め込んだレトロなグラスです。 アデリアレトロ 中コップ8 4種最後は「バベルの塔」です。再びよく遊んでいますが、やはり傑作です。終盤までひとつも不思議が完成しないというじりじりした展開になりました。4人なので4色のディスクを色別に分け合うようになりましたが、自分は頑張って2色目に手を出し、また最後の不思議の建設でマジョリティーをとったのが大きかったのか勝利しました。

結果:自分 82、たっくん 66、武井 64、イズナ 64



久し振りに高尾のゲーム会を堪能しました。また機会を見て参加しようと思います。


なかよし村とゲームの木 2022.05.21

なかよし村の第2046回例会です。この日は年に1回のアブストラクトゲームの日ですが、2020年と2021年は行わなかったので3年振りです。これまでと異なり、何種目かのゲームをみんなで同時にやるのではなく、インターナショナルドラフツ(インターナショナルチェッカー)の大会を行いました。(写真は教えてもらった詰めドラフツです。白の手番で黒を全滅させられます)

会場はブリッジセンターではなく、草場さんの自宅だったので、開始は19時ですが開場は13時で、開始まではみんな自由にゲームを遊びました。スコットさんを誘って13時から参加です。




島札 Shimafuda
沖縄・具志川に伝わる花札の地方札で、遊ぶのは2回目です。基本的なルールは花合わせですが、手軽で各数字に特色があって手軽で面白いですね。もっと広まっても良いと思います。今回はあまり役札が揃わずに3位に終わりました。

結果:ぶうりん 50、草場&タカイ −10、自分 −13、スコット −27



チーム プレイ Team Play
(説明 10分 プレイ時間 40分)
向かい合った2人がパートナーになり、協力しながら与えられた課題か全員共通の課題をこなしていくゲームです。課題はどういふだとか連番とか同色とか色々あり、難易度によって得点が異なります。表向きのカードか山札からカードを手札に加えて、課題に沿うようにカードを揃えていきます。手番の終わりにパートナーにカードを2枚まで渡せます。ちょっとロストシティのパートナーシップ戦みたいですね。

今回はタカイさんとパートナーになり、お互い異なる課題だったので自分の不要なカードが相手の必要(かもしれない)カードという上手い感じで序盤は進んだのですが、後半はお互いに交換することもなくもくもくと課題を達成していたら失速して結果は最下位でした。シンプルですが良いファミリーゲームだと思います。奇数人数だと遊べないのかな。

結果:道化師&尾根ギア 30、ぶうりん&スコット 27、自分&タカイ 23



スーパー メガ ラッキー ボックス Super Mega Lucky Box
(説明 10分 プレイ時間 40分)
ビンゴを同時にいくつもこなしていくというゲームです。3x3で立てれつか横列が完成するたびにボーナスで他の数字が埋められたり、数字を変更できる(プラスマイナス1できる)トークンがもらえたりします。これらが連鎖するので、それをよく考えて埋めていくのがコツです。呼ばれた数字がなくて何もできないという無駄な手番がないようにしなければなりません。

今回は2セット使って10人で遊びました。さしずめ、スーパー「ギガ」ラッキーボックスというところでしょうか。数字は123、456、789とグループ化されているので、できるだけ均等になるように初期カードを選び進めていきました。最後1マスだけ埋められませんでしたが、最後の2つの数字が逆だったらパーフェクトでした。

結果:自分 71、スコット 64、草場 63、中村 60、尾根ギア 58、道化師 58、とけい 56、ぶうりん 55、土井 48、タカイ 48



エリア Area
(プレイ時間 20分)
おそらく、「ドメイン Domain」と同じゲームだと思います。コンポーネントに特徴があり、その造形が同じなので、疑っていたのですが、以前のドメインのプレイ記録を読んだらルールも同じみたいです。BGGには「エリア」の登録はなく「ドメイン」だけなのが気になります。

ポリオミノを交互において行き、相手のポリオミノに隣接しておくと、裏返して自分のものになります。それを繰り返して最終的にエリアが大きい方の勝利です。なかなかエリアを確定できないのですが、悪くないと思います。今度、ドメインも遊んで比べてみます。

結果:やぬき 47、自分 31



スロバーハネス Slobberhaness
(プレイ時間 20分)
トランプから30枚(スペード&クラブは6−A、ハート&ダイアモンドは7−A)を使ったノートランプ、マストフォローのトリックテイキングゲームです。第1トリック、第10(最終)トリック、クラブQを取るとそれぞれ1失点ですが、すべての失点を喰らって3失点となると追加でさらに1失点で合計4失点となります。最初のトリックを誰かが取ったら、そのプレイヤーに残りの失点も取らせるようにするという、ある意味で酷いゲームです。

シンプルですが、このキングメイクを逆手に取ったようなダイナミズムが面白いです。でも負けました。

結果:草場 4(勝利)、やぬき 6、自分 10



トゥーペン Toepen
(プレイ時間 65分)
好きなトリックテイクのひとつ、トゥーペンです。あまり普段気にしていなかったルールに、手札4枚のうちAか7が3枚あったら口笛を吹き、Aか7が4枚あったら立ち上がる(どちらも7の場合は任意だがAなら強制)というのがあるのですが、今回はなんと、Aが3枚手札に来て初めて口笛を吹くことができました。やったー。

それはともかく、今回も程よく騙して騙されて、1位で最後まで切り抜けることができました。いやー、面白い。

結果:自分 24、やぬき 11、草場 10、大島 0



六人麻雀 Six-Player Mah-jongg
(プレイ時間 55分)
草場宅名物の一般麻雀卓(3−8人)で、ドラフツ大会までに6人麻雀を数回遊びました。今回はお試しプレイという感じです。時間がなくて少ししか遊べなかったのは残念。やはりお正月などに1、2、3、5、6、7、8人用麻雀をすべて遊ぶというのが正しい楽しみ方かもしれません。

結果:不明(道化師、タカイ、中村、尾根ギア、やぬき、自分)



ドラフツ International Draughts/ International Checker (8x8)
(説明 5分 プレイ時間 各5−15分)
この日のメインイベントはドラフツ大会です。本来は10x10なのですが、時間の関係上8x8の一回り小さなサイズでの大会となりました。日本では8x8はドラフツ64と呼ばれています。大会形式は異なる相手と4戦して勝ち越し点を競うもので、2戦目以降からは強いプレイヤー同士、弱いプレイヤー同士が対戦するように調整されます。参加者は、昔ドラフツ協会に何度か行った時に会った方々や、土嚢の会のメンバー、そしてなかよし村の常連など様々な顔ぶれでした。

第1戦、第2戦は久し振りすぎて感覚をすっかり忘れてしまい連敗。しかし第3戦以降は少しずつ調子を取り戻し、なんとなく良い手がわかってきて2連勝でした。結果は2勝2敗です。優勝は河内さんでした。あとで詰めドラフツを幾つか教えてもらいましたが、一同驚きの連続でした。

大会結果:優勝 河内
個人結果(2勝2敗、8位)
1戦目:河内 勝利、自分* 敗北
2戦目:草場 勝利、自分* 敗北
3戦目:自分 勝利、尾根ギア* 敗北
4戦目:自分* 勝利、大島 敗北



来年は、またこれまでのように数ゲームをみんなで遊ぶのか、それとも大会になるのか、楽しみですね。